【ドイツの食後酒】ウンダーベルグの魅力を徹底解説!

ドイツの食後酒として親しまれているウンダーベルグをご紹介します!

ウンダーベルグとは??

ウンダーベルグは1846年、フーベルト・ウンダーベルクによって創製された薬草酒で、世界43ヶ国から集めた40種類以上の天然ハーブやスパイスを高濃度のアルコールに浸漬して成分を摘出して作られます。

ハーブなどが原料のため身体にも良く、ドイツの健康酒と言われております。

ハーブの効能で胃痛が改善したという方もおり、個人差にもよりますが実際に効果があるお酒です。

ドイツではドラッグストアのような場所にも置かれており、健康酒という位置づけが強い商品だそうです。

紙に包まれた20mlの小瓶に入っており、少量ながらアルコール度数は44%もあり、見た目以上にパワフルなリキュールです。

気になる味やレシピ

苦味と爽快感が混じった味わいで、慣れてくるとクセになると思います。

瓶からそのままストレート、またはソーダで割って飲むと、ストレートよりも飲みやすいです!

以下に、ウンダーベルグをベースにしたレシピをご紹介します。材料も揃えやすいので是非試して見てください。

ウンダーベルクストレート

材料名・分量

ウンダーベルク・20ml

ウンダーソーダ

材料名・分量

ウンダーベルク・20ml

ソーダ・100ml

ウンダージンジャー

材料名・分量

ウンダーベルク・20ml

ジンジャー・100ml

まとめ

ドイツの健康酒と言われているウンダーベルグは、ハーブが原料だけあって、効能があるお酒ということがわかったと思います!飲みすぎ、バーの締めの一杯で是非頼んでみてはいかがでしょうか。