【年2回の限定販売】茜霧島と赤霧島の違い

出典:kirishima_akakirishima

焼酎の本場、九州でレアな焼酎と言われている茜霧島と赤霧島。コンビニでも販売されているのを目にしたりしますが、実際どんな味わいなのか気になりますよね??

そこで今回は、両者の味や香りの違いなどを解説していきます。

原料

赤霧島の原料は、紫芋の「ムラサキマサリ」が使用されております。ムラサキマサリの収穫時期は限られており、春と秋の年2回のみの収穫となります。そのため、販売時期も年2回となります。

一方、茜霧島は「タマアカネ」というさつま芋を使用しております。タマアカネとは、黒霧島や白霧島の主原料「黄金千貫」(コガネセンガン)のDNAと、アメリカの高カロテン品種の芋を掛け合わせて生まれた芋です。

味わいの違い

赤霧島

紫まつりの華やかで芳醇な香りが口全体に広がり、飲んだ後も余韻が続きます。また、芋がもつまろやかな甘さもあり、フルーティな味わいなので、芋焼酎独特のクセがないです。そのため、芋焼酎が苦手な人でも試してみる価値があります。

茜霧島

赤霧島同様、華やかでフルーティーな香りと余韻が続きますが、赤霧島のようなまろやかな味わいではなく、力強くしっかりとした香り・味わいが特徴です。

また、茜霧島よりも香りが強いのも特徴で、好みは別れます。

それぞれのスペック

品名 アルコール度数 容量 希望効率価格
赤霧島 25% 900ml 1.175
茜霧島 20% 900ml 1.175

■その他

1.赤霧島

・容量:1800ml、紙パック1800ml

・希望小売価格(税抜):1175円、2230円、2210

2.茜霧島

おすすめの飲み方

赤霧島、茜霧島共通して水割りかお湯割りにして飲むのがおすすめです。ロックで飲むよりも、水割り・お湯割りの方が、芋の華やかでフルーティーな香りが際立つのでオススメです。

まとめ

いかがでしょうか。どちらさつまいもとは思えないほどのフルーティーな香りが特徴で非常に飲みやすいお酒という事が分かりましたね!

味の好みは分かれますが、個人的には茜霧島の方が香りが強いのでオススメです!ぜひ試して見てください!!