【出来る人になる】飲み会・宴会時のマナー

これから新社会人になる人や、実は正確にお酒の席でのマナーを知らないという

方も、分かりやすくマナーについてまとめてみました!

この記事を読んで恥をかかない、出来る社会人に成長するきっかけになればと思います。

職場の飲み会で座る位置について

上座と下座を理解する

上座は一般的に入口から遠い方を指します。飲み会で一番立場が上の人を優先的に座らせるのが一般的です。対して下座は、入り口に一番近い所を指し、幹事や一番立場が下の人が座ります。

下座はただ座っていれば良いという訳ではなく、飲料や料理の配分、帰りの準備など役割が多いです。基本的に新入社員や入社して日が浅い場合は、下座に座り飲み会が不快にならないよう配慮しましょう。

同期が多い場合は、出来るだけ下座に固まって座ると一人で全ての事に配慮する事なく、役割分担が出来るので、あらかじめ打ち合わせしておくと良いと思います!

乾杯の時のグラスの位置について

乾杯する時は、目上の人のグラスより少し下げるようにしましょう。あからさまにグラスを下げず、“気持ち下げる”くらいにして乾杯しましょう。

『種類別』お酒の注ぎ方について

ビール編

注ぐときは、ラベルが上になるように右手でビンを持ちます。一方左手は、ビールが体温で温まってしまわないように、軽く添える程度で持ちましょう。始めはゆっくり注ぎ、だんだん勢いよくしましょう。泡が出来てきたら、再びゆっくり注いで下さい。

受け手はグラスを両手で持ち、グラスを傾けて持つ人が多いですが、まっすぐ持ったほうが

こぼれにくいので覚えておくと良いと思います!

ワイン・シャンパン編

ビール編で紹介した時と同じで、注ぐ時は、ボトルのラベルが上になるように気をつけましょう。

また、注がれる際は、グラスを持つのではなく、テーブルに置いたままにしておくのが基本

なので、決して持たないと失礼という訳ではないので安心してくださいね!

日本酒編

手に持った盃に注ぎ、注ぐときは正面の位置する相手の前からしましょう。

盃いっぱいまでつがず、八分目くらいまでにすると、相手は飲みやすいです。

注がれる時は、盃は右手に持った盃の底に左手の指を軽く添えながら両手で持つと、品があります!

焼酎編

とくにマナーはないですが、お湯割りのときは、「お湯が先、焼酎が後」の順に注ぎ、軽く混ぜます。理由は、焼酎と上手く混ざり合い、焼酎が温まるに連れて香りが立ち上がるからです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!立ち位置やお酒の注ぎ方など、マナーが多いと思った方も多いと思います。最初のうちは、一回で全てをこなす事は難しいし、気疲れから飲み会自体も嫌いになる可能性もあります。そこで、いざ飲み会となった時にも対応出来るように、友達や知人と飲む際に、相手を上司と思ってシュミレーションしておくと良い機会になると思います!