軽減税率によるお酒の税率は??ノンアルコールの違いなど解説

201910月1日より”軽減税率”が導入される事が決定しました。

それに伴い、一部商品は増税前の税率のままの金額でお買い物が出来ます!

だけど、一部商品ってどこまで含まれるの??という疑問にお答えすべく、解説していきたいと思います。

軽減税率とは??

軽減税率とは、生活に最低限必要な食料品などの消費税を軽減する制度です。

軽減税率が導入されることにより、消費者や小売店などに影響が出ます。

消費者目線だと、税率が一律出なくなるとにより、いくら支払わなけれならないのかと混乱します。また、対象品目によっては軽減税率の適用外のものもあるので、事前に知っておく必要があると言えます。

軽減税率の対象品目

軽減税率の対象品目は以下の通りです。

分類 軽減税率の対象 消費税%
飲食料品 8%
酒類 × 10%
医薬品・医薬部外品等 × 10%

お酒の税率は??

上記表に記載の通り、お酒は軽減税率の適用外となります。

理由は、酒税法に規定する酒類が軽減税率の対象外となるからです。

酒税法に規定する酒類とは、アルコール度数が1度以上の飲料のことを指します。

参考までに以下が対象外です。

・ビール

・発泡酒

・清酒・日本酒

・果実酒

・ウイスキー

・ブランデー

・蒸留酒

・みりん

ちなみに、アルコール分が1度未満で、酒税法上の酒類に分類されない「みりん風調味料」は軽減税率の対象です。

こう見てみると、アルコール度数で線引きしている事が分かりますね!

ノンアルコールの税率は??

結論から言うと、軽減税率の対象です。

ノンアルビールは、酒税法に規定する酒類に該当しないからてます。

また、甘酒もアルコール度数が1度未満であれば、軽減税率の対象となります。

まとめ

いかがでしょうか。

お酒の軽減税率は、アルコール度数によって線引きされることが分かったかと思います。

買い物、飲み会などで覚えておいて下さいね!