日本酒の起源と歴史を紐解いて見よう!

日本をお酒を語る上で欠かせないのが日本酒。今では何気なく日本酒ですが、いつから・何のために造られたのかといった知識を知っている方は少ないかと思います。

今回は、日本酒の起源、歴史や文化についてお伝えしていきます。

日本酒の起源はいつから始まった??

米の栽培(稲作)が中国大陸から伝わった後の弥生時代が起源だと考えられており、今から2000年程前にさかのぼります。

昔のお酒はほぼ自然発酵によって造られており、稲作が日本にやってきた後、米のお酒が誕生したと推察されます。

日本酒のルーツ

日本酒のルーツが記述してある書物は、今から1300年ほど前の、西暦700年代くらいにそれらしき記述が見つかっております。

口噛みノ酒

713年以降に書かれたとされる「大隅国風土記(おおすみこくふうどき)」の中に登場するお酒です。加熱した米を、唾液に含まれる酵素で糖化し、野生酵母によって発酵をすすめてお酒を造ります。

口噛みの行為は、神社の巫女のみに限られており、日本酒は、神のために造られ始めたといわれています。また、映画『君の名は』にも登場して話題になったお酒です。

「八塩折之酒」

日本神話に登場する神であるスサノオノミコトが八岐大蛇(やまたのおろち)を倒すために造らせたお酒です。

名前にある八塩折にはそれぞれに意味があります。

・「塩折」:水の代わりに酒を使って仕込む日本酒の古式製法

・「八」:沢山

・「塩」:熟成させた醪 ( もろみ ) を絞った汁

・「折」:繰り返す

・「塩」:熟成した醪を絞った汁を使用

まとめると、日本酒を仕込んでできた日本酒を絞り、その絞った日本酒に、また「塩」をいれて仕込む作業を複数回繰り返して造られた日本酒と言われております。

神事として欠かせない日本酒

様々な歴史を持つ日本酒ですが、当初は豊作祈願などの神事に用いられていたそうです。

奈良時代には、酒造りは朝廷で管理されるようになり、そこで造られたお酒は神事に備えていたとされています。

また、お正月には「お神酒」をいただくように、「日本の神々と暮らす」ために必要な聖なる飲み物として考えられていました。

現在も、神社で行われるお祭りには、お供え物として日本酒が捧げられ、ご神事が終わると「おさがり」として私たちも神様のご相伴にあずかるという考え方が継承されております。

まとめ

いかがでしたか。私たちが普段飲んでいる日本酒は、今も昔も変わらずに歴史を受け継がれており、親しまれていることを考えるとロマンを感じますね。

日本酒の原料や、製造方法はもちろん、歴史やロマンを感じながら味わってみるのもいいと思います!