焼酎は日本酒の違いとは??それぞれの味わいや造り方を解説!

日本を代表する日本酒と焼酎について、皆さんはその違いを明確に分かりますか??

今回は、日本酒と焼酎の違いについて、原料や造り方を中心に説明していきます。

それぞれの造り方について

日本酒・焼酎はそれぞれ製造方法が大きく異なります。日本酒は「醸造酒」、焼酎は「蒸留酒」に分けられます。

醸造酒」とは、穀物や果物を酵母の力で発酵させたお酒を指します。通常、糖分をアルコール発酵させることで造られ流のですが、日本酒の場合は、原料である米に糖分が含まれてません。そのため、麹を使って発酵を進めてます。

それに対し、「蒸留酒」とは、醸造酒を”蒸留”させて造るお酒です。

醸造酒には水とアルコールが混ざっているため、温度を上げていくと、温度の低いアルコールが先に蒸発します。そして、アルコールの蒸気を冷やして液体に戻すため、一般的に醸造酒よりもアルコール度数が高くなるます。

原料にも違いがある??

日本酒と焼酎の違いは、造り方だけではなく原料にも違いがあります。それでは早速見ていきましょう。

日本酒のお米を原料とするのに対して、焼酎は芋、麦など様々な種類の原料がありバリエーションが豊富です。また、お米を原料とする醸造酒を蒸留させると米焼酎になります。

・日本酒の種類をもっと知りたい方はこちら↓

・焼酎の種類をもっと知りたい方はこちら↓

美味しい飲み方

日本酒と焼酎のアルコール度数を比べると、焼酎の方が高いです。それは前項でお伝えした通り、醸造酒を蒸留させ、アルコールの純度が高くなるためでしたね。

日本酒のアルコール度数は、一般的に15〜16度ですが、焼酎は25度前後となります。そのため、飲み方にも違いがあり、日本酒は熱燗冷酒などストレートで飲むのが一般的なのに対して、焼酎は、ロックや水やお湯、お茶などで割って飲むことが多いです。

まとめ

いかがでしたか。日本を代表する”日本酒”と”焼酎”の違いについて原料や造り方の観点から説明しました。焼酎はアルコール度数が高い分、ロックや水割り、お湯割りなどで薄めて飲むことがわかりましたね!

それでは自分だけの銘柄や飲み方などを見つけて楽しんでください!